ベビーシッター資格の取り方

ベビーシッター資格の取り方 ベビーシッター資格の取得は、認定を行う団体が主催する講座を受講したり、スクールへ通うことで可能になります。代表的なものとして、公益社団法人全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター」と、一般財団法人日本能力開発推進協会の「ベビーシッター資格」があります。受講内容は団体により多少異なりますが、基本的には乳幼児のお世話に関することを学び、病気やけがの知識を習得します。また認定の取り方としては必ずしも通学が必要なわけではなく、在宅のみの学習で完結するケースもあります。そして通学が必要な場合であっても夜間や土・日に開講しているケースも多く、お仕事を持っていたり育児中の人など、時間に制限がある場合でも比較的融通がききやすいと言えます。ベビーシッターは待機児童問題の影響を受け今後さらに需要が増すと予測されます。シッターを目指そうと考える人はぜひ認定団体の主催する講座を受講し、正しい知識を身につけるべきです。

試験を受けるためには

試験を受けるためには 子育てが終わって仕事を始めたいとき、中年以降になってまた仕事を始めたい時にベビーシッターを目指してみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。公益社団法人全国保育サービス協会が実施している認定ベビーシッターなら、専門的な技術を高める資格ですので取得すれば実際に仕事に役立てることができます。資格を取るには、全国保育サービス協会主催の研修会に参加して、その後に実務を受けます。その後、認定試験を受けて審査が行われ、合格すると、認定され登録ができるようになります。
そこで合格すると認定・登録となります。

受験するための資格は、満18歳以上で全国保育サービス協会主催の研修を修了していることのみですので、幅広く門戸を広げているのが分かります。実務経験は、受験また登録申込書の実務経験証明書に証明が必要になるので注意をしてください。気になる内容や方式ですが、選択問題40問と記述式1問の出題です。ベビーシッターの試験を受けるためには、出題内容もそれほど難しく考える必要もないので勉強もしやすいのが特徴です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>