「個人的な」金銭をやりとり

「個人的な」金銭をやりとり 信頼性の高いベビーシッターの派遣会社では、個人的な金銭のやりとりはご法度です。海外ではチップ形式で別途法報酬の支払いをするケースが見られますが、日本国内では一般的ではありません。あくまで、契約時に定められた料金の範囲内でサービスの提供が行われなければならないのです。特に、繰り返しサービスを利用する場合においては、個人的な関係性の中で便宜が図られる可能性が高いため注意が必要です。公平性の観点からも、正しい認識のもとでベビーシッター業者と契約することが大切です。
リーズナブルな料金体系でPRした上で、実際に利用してみると追加で料金を請求されたというケースも多々あります。これは利用者側の良心に付け込んだ手法なので、個人同士の問題として割り切ってはいけません。認識の相違が生じた場合、契約の有効性が問われるので慎重に判断する必要性があります。後からトラブルが生じないように、勝手な判断で金銭の授受をしない姿勢が求められるのです。

お礼は物品でも良いの?

お礼は物品でも良いの? ベビーシッターに子供を預けたいと思っているとき、どのくらいのお礼が必要になるのか気になるという方も多くいるかもしれません。大事な子供を預けるとはいえ、金額が高いとためらってしまう方も多くいるでしょう。だからといって預ける金額が安いと、本当に安心して利用できるのか不安になってしまいます。また人によっては、お礼は現金ではなく物品にしたいというケースも見られます。
そもそもベビーシッターを依頼するのに、現金ではなく物品にすることはできるのでしょうか。契約して依頼する場合、働いてもらった対価を支払うのは当たり前のことです。しっかりと契約をしている場合には、現金以外で対価を支払うということはあり得ません。しかしプロのベビーシッターではなく、友人などに面倒を見てもらう場合は話が変わります。友人として引き受けてもらったら、現金のやり取りは抵抗があるかもしれません。そのような場合には、商品券や物品をお礼にするのも1つの手です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>