「ベビーシッター依頼費用」は確定申告でどのような扱いになる?

「ベビーシッター依頼費用」は確定申告でどのような扱いになる? ベビーシッターの依頼費用というのは確定申告で控除の対象とすることができます。
これは育児に追われる家庭にとっては非常に助かる話ではないでしょうか。
単なる一般的な支出、日常的な買い物などはもちろん控除対象とすることはできませんが、ベビーシッターの依頼費用に関してはそうではなく、控除対象となるのです。
これは結局、子育てをする家庭にとってはシッター依頼費用というのは必要経費だと認めてもらえるということに相当します。
必要経費というのは、自分がその収入を得るためには支払わざるを得ないようなお金のことです。
会社員の場合は基本的な必要経費についてはそれも含めて会社側が年末調整という形で申告してくれていますのであまり馴染みのない人も多いのですが、基本的な部分以外にも必要経費が生じているのであれば自分自身で確定申告を行って控除対象に含めることができ、その分だけ税金が安くなることがあります。
ですので、領収書は必ず保管しておくようにしましょう。

ベビーシッター依頼費用を経費にする裏技

ベビーシッター依頼費用を経費にする裏技 ベビーシッターの依頼費用は必要経費として申告することができます。
これは別に裏技でも何でもなく、そのような制度になっているのですから正々堂々と申告して全く問題はありません。
ただ、かつてはこのような制度はありませんでした。
ベビーシッター依頼費用を認めるのであれば、では保育園代や幼稚園代は、などということになってしまい、際限が無くなってしまうと考えられていたからです。
ですが、国としても子育て支援を全面的に打ち出しています。
その中で、仕事を持っている人が子供をやむを得ずベビーシッターに預けるということは、自分が働いて収入を得るためには必要なお金、つまり経費として認められることになったのです。
そのためには毎年2月から3月にかけて行われる確定申告の期間に税務署に申告する必要があります。
その際にはシッター依頼に関する領収書が必要になってきますから、忘れずにもらっておき、無くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>